趙高の史実は?「キングダム」に登場する冷酷な宦官を徹底解剖!

キングダム趙高秦王朝

※本ページはプロモーションが含まれています

キングダムに登場する趙高について はじめに

始皇帝(しこうてい)に仕え、二世皇帝の擁立に深く関与した趙高(ちょうこう)をご存知でしょうか?
この記事では、中国戦国時代の大人気漫画「キングダム」コミックス公式に登場する趙高について、彼の史実と漫画での描写を掘り下げていきます。
史実に基づく趙高の生涯とその策略、そして「キングダム」における彼の冷酷で狡猾な一面を比較しながら、趙高という人物の魅力を多角的に紹介します。

「キングダム」は、その緻密なストーリー展開と魅力的なキャラクター描写で多くのファンを魅了してきました。
その中でも、趙高は特に異彩を放つキャラクターです。
彼の冷酷な策略とその結末は、物語に大きな影響を与えています。
史実とフィクションの間で揺れ動く趙高の姿を通じて、彼の真の姿を明らかにしていきます。
この記事を読めば、趙高という人物の深層に迫ることができるでしょう。

趙高の史実とその思考を解剖

キングダム趙高
イメージ画像:シャオファ作成

趙高の生い立ち

趙高は中国戦国時代末期の秦の時代に生まれました。
彼の生い立ちは謎に包まれていますが、貧しい家庭の出身であることが示唆されています。
若い頃から宦官(かんがん)として宮廷に仕える運命を辿り、そこで厳しい環境の中で生き抜く術を学びました。
宦官としての生活は、彼にとって生存競争の場であり、他人を信用しないことが生き残るための必須条件だったのでしょう。

「宦官としての道を歩むことは、私にとって避けられない運命だった。信頼できる者は誰もおらず、自らの力で這い上がるしかなかったな。」

「宮廷内での生活は過酷だったが、その中で私は権力への道を見つけた。皇帝に近づくことで、自らの影響力を拡大し、地位を確立することができると知ったのだ。」

宮廷に入り込んだ趙高は、宦官としての役割を果たしながらも、常に自らの地位を向上させる方法を模索していました。
その頭の中には、いかにして権力を握るかという考えが常にあったのです。

趙高は、その冷徹な性格と策略家としての才能を発揮し、宮廷内での地位を徐々に高めていきました。
この生い立ちと背景は、後の彼の行動や思考に大きな影響を与えます。

宦官としてのキャリア

趙高は、宦官として宮廷に仕え始めると、その冷静な判断力と策略家としての才能で頭角を現します。
始皇帝の信任を得た彼は、宮廷内で重要な地位を確立。
皇帝の命令を忠実に遂行し、その忠誠心を示すことで信頼を勝ち取ることに成功しました。

宮廷内での彼の立ち位置は次第に強固なものとなり、その権力欲はますます強くなりました。
趙高は皇帝の側近として、重要な決定に関与する機会が増えます。
宦官としての経験を通じて、権力を握るための策略を磨き上げました。
彼の冷徹な性格と計算高い行動は、宮廷内での影響力を増大させる結果になっていくのです。

「皇帝に仕えることは、私にとって生き残るための唯一の道だった。彼の命令を忠実に実行することで、信頼を得ることができたのだ。だが、それだけでは満足できない。私の目標は、権力の頂点に立つことだ。」

「宮廷内での権力闘争は激しかったが、私は常に冷静でいなければならぬ。敵を排除し、自らの地位を確立するためには、時に冷酷な決断も必要だ。敵対者を排除し、自らの地位を確立するためには、あらゆる手段を用いる必要があるであろうな。」

趙高のキャリアは、その冷酷さと策略によって築かれたものであり、彼の思考は常に権力を握ることに向かっていました。

政権内での影響力と悪名

趙高が秦王朝の中枢に入るきっかけは、彼の冷静な判断力と優れた策略家としての才能でした。
始皇帝の信任を得ることに成功した趙高は、宮廷内での地位を確立し、その影響力を拡大していきます。

趙高は、宰相李斯(りし)や他の高官との協力を通じて、自らの地位を強固なものに。
李斯は始皇帝に対する忠誠心と実務能力を高く評価されていたが、趙高はその影響力を背景に自らの権力を拡大していきました。

この時期趙高は、始皇帝の命令を忠実に実行し、彼の信頼を得ることに成功しました。
始皇帝の絶対的な信頼を背景に、趙高は次第に実権を握るようになり、その冷酷な手腕と計算高い行動は、宮廷内で恐れられる存在となっていくのです。

趙高の権力欲と冷酷な行動は、多くの敵を作り出す結果となりました。
その悪名は始皇帝の生前から広まり、彼の冷酷さと権力欲を物語っています。

趙高の政権内での影響力と悪名は、彼の冷酷な策略と計算高い行動の結果であり、始皇帝の生前においてもその影響力は大きかったのです。

始皇帝死後の暴走

キングダム趙高2
イメージ画像:シャオファ作成

始皇帝が死去した後、秦の宮廷は混乱に陥り趙高は自らの権力をさらに強化するために暗躍。
なんと彼は始皇帝の遺言書を消却し、自身の栄達のため二世皇帝として胡亥の擁立に動きます。

趙高は、始皇帝の遺言書に従うのではなく、自らの計画を実行に移しました。
遺言書には、始皇帝の長子である扶蘇(ふそ)が後継者として指名されていましたが、趙高はこれを無視し、胡亥(こがい)を擁立することを決意します。

趙高は胡亥を擁立するために、宰相李斯と共謀します。
しかし、最終的には李斯も趙高の策略により処刑される運命を辿りました。
李斯の処刑は、趙高の冷酷さと権力欲の象徴的な出来事として知られています。

胡亥が二世皇帝として即位すると、趙高は実質的な政権を掌握しました。
胡亥は趙高の操り人形として利用され、趙高の権力は絶大なものとなったのです。

「始皇帝の遺言書を消却することで、計画を進めることができたな。扶蘇ではなく、胡亥を擁立することで、実質的な支配者も不可能ではなかろうて。」

「李斯との共謀は成功したが、最終的には彼も私の敵となったな。だが排除することで、私の地位はより強固となっただろう。」

「胡亥は予想通り御しやすいわ。私の策略は完全に成功し、権力の頂点に立つことができたのだ。」

しかし、趙高の暴走は多くの敵を作り出し、その反撃を招くことになりました。
彼の冷酷な行動と策略は、秦の宮廷内外で恐れられる存在となり、次第に彼の悪名が広がっていきます。

趙高の暴走は、秦の政権に混乱をもたらし、最終的には彼自身の破滅へと繋がることとなりました。

馬鹿の逸話と最後の結末

馬鹿の逸話

趙高が胡亥の信任を得た後、彼の権力は絶大なものとなりました。
彼の冷酷な支配を象徴する逸話の一つに「馬鹿の逸話」があります。
この逸話は、趙高が胡亥と臣下たちに対して、自らの権威を確認するために行った試みを物語っています。

ある日、趙高は胡亥の前に一頭の鹿を連れてきました。
そして趙高は、臣下たちが見守る中、胡亥に対してこう言います。

趙高:「陛下、これは立派な馬です。」

胡亥は驚きましたが、趙高の権威に疑問を持つことはできませんでした。

胡亥:「趙高よ、これは明らかに鹿ではないか?」

趙高は笑顔を浮かべながら、周りの臣下たちに問いかけました。

趙高:「皆の者、これは馬か鹿か、どちらであると思うか?」

臣下たちは困惑しましたが、趙高の権威を恐れ、一部の者は「馬です」と答えました。
しかし、正直に「鹿です」と答えた者もいました。
この事件は、趙高が臣下たちの忠誠心と服従心を試すために仕組んだものであり、彼の冷酷な権力行使を象徴しています。

この逸話は「指鹿為馬(鹿を指して馬となす)」という成語として後世に伝わり、権力者が事実を捻じ曲げる象徴的な出来事として語り継がれています。

趙高の最期

秦王朝の滅亡
イメージ画像:シャオファ作成

趙高の権力は絶大なものでしたが、その冷酷な手腕と策略は次第に反発を招きました。
さらに楚軍が都にせまり、秦王朝の命運は風前の灯火となります。
多くの敵を作り出した結果、彼の最期は悲劇的なものとなりました。

この状況で趙高の暴政に耐えかねた胡亥の側近たちは、彼を排除するために陰謀を巡らせました。
ある日、趙高は宮廷内で反乱に遭い、追い詰められました。
趙高は最後の瞬間まで自らの権力を守ろうとしましたが、もはや逃れることはできなかったのです。

「私はここまでか……」

趙高は、最終的に自らの行動の報いを受け、処刑されることとなりました。
その最期は、その冷酷さと権力欲の代償として、多くの人々に教訓を与えるものでした。

趙高の死後、秦の政権はさらなる混乱に陥り、最終的には滅亡への道を辿ることとなりました。
趙高は秦の歴史における重要な転換点を象徴しており、その冷酷な策略と権力行使は、後世にわたって語り継がれることとなったのです。

キングダムにおける趙高 あらすじネタバレ

「キングダム」は、中国戦国時代を舞台にした物語で、秦の統一を目指す若き将軍たちの戦いを描いています。趙高はこの物語の中で、秦の宮廷で暗躍する冷酷な宦官として登場しました。
彼は権力を握るために策略を巡らせ、二世皇帝胡亥を操り人形として利用します。
趙高の冷酷な行動と陰謀は、物語に緊張感をもたらし、多くのキャラクターに影響を与えていきます。

「キングダム」での趙高の登場シーン

趙高は物語の後半に登場し、秦の宮廷で重要な役割を果たします。
初登場シーンでは、その冷酷な性格と計算高い策略家としての一面が強調されました。
特に始皇帝の死後、彼が二世皇帝胡亥を擁立する場面は、彼の権力欲と冷酷さを象徴しています。

例:「趙高は、胡亥の前に一頭の鹿を連れてきた。そして、臣下たちの前でその鹿を馬と称し、彼らの忠誠心を試す。趙高の冷酷な行動により、胡亥はますます彼の影響下に置かれる。」

作品内でのキャラクター描写とその役割

「キングダム」での趙高は、冷酷で狡猾な宦官として描かれています。
彼の主な役割は、秦の宮廷内での権力闘争を描く際に重要な緊張感をもたらすことでしょう。
趙高は、策略を駆使して政敵を排除し、胡亥を操ることで権力を握ります。
その冷酷さは、彼の行動や言動を通じて強調され、読者に強い印象を与えます。

例:「趙高の計算高い行動と冷酷な手腕は、物語の中で多くの緊張感を生み出す。彼の策略により、宮廷内の権力バランスが大きく揺れ動く。」

史実との違いや共通点

「キングダム」の趙高と史実の趙高にはいくつかの違いと共通点があります。

  • 共通点:
    • 冷酷で計算高い性格
    • 始皇帝の死後に胡亥を擁立し、実質的な権力を握ったこと
    • 多くの陰謀を巡らせ、政敵を排除したこと
  • 違い:
    • 「キングダム」では、趙高の行動や策略がドラマチックに描かれており、物語の緊張感を高めるためにフィクションの要素が強調
    • 史実では、趙高の具体的な行動や言動に関する詳細な記録は少ないため、フィクションとしての演出が加えられている部分

「キングダム」は史実に基づきながらも、フィクションとしての要素を取り入れることで、趙高のキャラクターをより魅力的かつドラマチックに描いていますね。
このように、史実とフィクションのバランスを取りながら、読者に強い印象を与えるキャラクターとして描かれているのです。

趙高の史実とキングダム まとめと考察

趙高は中国戦国時代末期の秦王朝において、重要な役割を果たした宦官です。
その冷酷な策略と権力欲は、秦の政権内部で大きな影響を与えました。
特に、始皇帝の死後に胡亥を擁立し、実質的な権力を握ったことは、秦の歴史における重要な転換点に。
趙高の行動は、結果として秦王朝の混乱を引き起こし、その滅亡に繋がる要因の一つとなりました。

「キングダム」における趙高の描写は、史実に基づきながらもフィクションの要素を取り入れることで、趙高のキャラクターをより魅力的かつドラマチックにしています。
史実の趙高は冷酷な策略家であり、権力を握るためにあらゆる手段を講じた人物ですが、「キングダム」ではその冷酷さと策略家としての一面がより強調されました。
このように、フィクションと史実のバランスを取りながら描かれる趙高は、物語に緊張感と深みをもたらす重要なキャラクターです。

この記事を通じて、趙高の史実と「キングダム」での描写を比較しながら、彼の冷酷な策略と権力欲について深く掘り下げました。
皆さんは、趙高の行動や策略についてどう感じましたか?
彼の冷酷さは、秦王朝の混乱を引き起こした要因の一つだと思いますか?
ぜひ、コメントであなたの考えを教えてください。
また、「キングダム」での趙高の描写についても、あなたの感想をお聞かせください。
関連記事もよければ一緒に。

キングダムはつまらないのか?

キングダムと匈奴

秦の英雄 王翦

始皇帝不老不死への執念

宦官 司馬遷の戦い

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA